東京都協力金

お知らせ

【東京都協力金】4月12日~実施分の感染拡大防止協力金

東京都では2021年4月12日より新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置が適用されたことに伴い、感染拡大防止協力金も4月12日をめどに内容が変更されました。 営業時間短縮が21時までではなく、20時までとなる点については緊急事...
お知らせ

【東京都協力金】感染拡大防止協力金のスケジュール

東京都が実施している感染拡大防止協力金ですが、始まってから約1年が経っています。 支給対象となる飲食店経営者の方には、申請期限が過ぎて受給できなかった方や、どこまで申請したのかわからなくなってしまっている方も多いのではないかと思いま...
お知らせ

【東京都協力金】コロナ対策リーダーの登録について

東京都の感染拡大防止協力金について、令和3年3月8日~3月31日実施分より「コロナ対策リーダー」の登録が必要となります。 今までは営業時間短縮の要請に従い、感染防止徹底宣言ステッカーを掲示することが要件でしたが、令和3年3月8日~3...
お知らせ

東京都「感染防止徹底宣言ステッカー」の取得方法について

7月30日に東京都より「感染防止徹底宣言ステッカー」について、8月3日より取得状況を公表することが発表されました。 都知事の口から「ステッカーのないお店には行かないよう」という発言もあったことから、飲食店などの対面販売を行う都内店舗...
東京都協力金

【東京都協力金】8月3日からの営業時間短縮に係る協力金のお知らせ

7月30日に東京都は新型コロナウイルス感染症の感染患者数の増加を受けて、営業時間短縮要請をすることを発表しました。 都内で酒類を提供する飲食店・カラオケ店に対して8月3日~8月31日の期間で営業時間を22時までに短縮した事業者に対し...
東京都協力金

【東京都協力金】申請書類で誤りやすいポイント

東京都感染拡大防止協力金の事前確認を80件以上行ってきました。 そこで、多くの申請者の皆さんが誤っているポイントがあります。 今回はそれらの誤りやすいポイントを紹介し、これから申請される方の参考としていただければと思います。 ...
東京都協力金

東京都感染拡大防止協力金(第2回)のお知らせ

2020年6月17日より申請開始となった東京都感染拡大防止協力金(第2回)について解説しています。申請方法や申請期間、誤りやすいポイントなど専門家である税理士がわかりやすく解説します。
東京都協力金

東京都の美容室・理容室も4月30日から休業で給付金が支給されます。

生活に必要な施設として休業要請対象施設に入っていなかった美容室・理容室ですが、ついに別枠での給付金が創設されました。 東京都防災ホームページの給付金詳細はこちら 事前確認のご依頼 東京都感染拡大防止協力金と同様に、東京都...
東京都協力金

近隣都道府県の協力金について

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、一定の期間で休業等(営業時間の短縮など)を実施した中小企業・個人事業主に対し、各都道府県から協力金が支給されます。 大島税務会計事務所では、既存のお客様の多い地域である東京都、千葉県、埼玉...
東京都協力金

東京都感染拡大防止協力金のよくあるご質問

東京都感染拡大防止協力金についてよくあるご質問を紹介いたします。 現在、申請が始まり多くの事業者の方が申請書の作成を行っておりますが、申請要項を読んでもよくわからない箇所が多々あります。 そのため、大島税務会計事務所の情報を皆...