年末調整や所得税の確定申告で「国民健康保険料の年間支払額」が必要となることがあります。もし領収書がなくても調べる方法があるのです。

 

こんにちは。

江東区亀戸の税理士・行政書士の大島崇史です。

 

いよいよ確定申告シーズンが始まり、事務所内もドタバタしております。

そんな中、意外とお客様が知らないことがあります。

「国民健康保険料の年間支払額の調べ方」です。

国民健康保険料は、支払った金額を支払った年の所得税の計算上控除することができるのです。

そのため、年末調整や確定申告などの際にはその支払額を調べる必要があるのです。

 

市区町村によっては親切に年間の支払額の通知書が送られてきます。

しかし、そういった通知書がもらえない場合、多くのお客様から領収書や年間の支払額の決定通知書が送られてくるのですが、

もっと手っ取り早く支払額を調べる方法があるのです。

 

まず領収書についてはその年で支払ったすべての領収書があれば問題ないのですが、

1ヶ月分の領収書がなかったりして、支払額が漏れてしまう可能性があります。

 

また、5月ごろ送られてくる年間の支払額の決定通知書にはその年6月から翌年3月分が記載されており、

その年に実際に支払った金額はいくらなのかは記載されていないのです。

 

それよりももっと確実で簡単に調べる方法は、

「市区町村に問い合わせる」です!!!

 

市役所や区役所に直接電話し、

「平成○○年中に支払った国民健康保険料の金額を教えてください」

と言えば調べることができます。

国民健康保険料は、他の生命保険料や国民年金と違い控除証明書のような資料の添付が義務付けられていません。

したがって電話で支払金額さえ教えてもらえれば即日で解決します。

ぜひご活用ください。

 

↓励みになるので1クリックお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログへ            blogramのブログランキング