法人設立のお客様に「何かいい法人名はないかな」と聞かれることがあります。そこで法人名を決める際に気を付けることをお話ししましょう。

 

こんにちは。

江東区亀戸の税理士・行政書士の大島崇史です。

 

名前を付けるのって難しいですよね。

自分の子供の名前を考えたことのある人ならわかるかと思います。

 

法人設立を行政書士として承っている関係で、法人名を考える機会がありました。

法人名であればいざとなったら変更もできますので気は楽なのですが、

できれば変更はしたくないものです。

 

法人名を考える際に注意していただきたいことが何点かあります。

似たような名称の会社が他にないか。

ドメインは使われていないか。

登記上使える文字か。

お客様に覚えていただきやすいか、などなど。

 

かっこいいからと言って、やたら長い法人名を付けた方がいました。

しかし、名刺交換や電話応対の際に会社名が長いと使いづらいことに気が付きました。

そこでJDL(株式会社日本デジタル研究所)のように英語の頭文字をとって通称を考えたのですが、

その会社の頭文字はN・H・Kだったのです。

さすがに「株式会社NHKです」とは名乗れず、今も電話口で四苦八苦しているそうです。

 

↓励みになるので1クリックお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログへ            blogramのブログランキング