税務相談や税務申告書の作成は、税理士の独占業務です。これを無資格でやってしまうと税理士法違反になります。では、税理士法違反に時効はあるのでしょうか?

 

こんにちは。

江東区亀戸の税理士・行政書士の大島崇史です。

 

今日は税理士法についてお話ししましょう。

所得税や法人税の確定申告書の作成は税理士の独占業務です。

つまり、他の士業(社会保険労務士、行政書士)や無資格者がこれを作成することは違法行為なのです。

もちろん自分自身の確定申告書を作成するのは問題ありません。

 

さらにこの税理士の独占業務は無償独占なのです。

無償独占というのは、タダでもやってはいけないということです。

厳密に言えば親族や知り合いであっても、他人に頼んではいけないことになります。

まぁ、それで捕まることはないと思いますが・・・・

 

では、もし違反したら時効はあるのでしょうか?

つまり、いつまでばれなければ逃げ切れるのでしょうか?

 

正解はおそらく3年でしょう。

おそらくというのは少し自信がないためです。

 

理由を説明しましょう。

まず、税理士法59条には、上記のような違反をした場合には

「2年以下の懲役又は100万円以下の罰金」にしますという規定があります。

もし、この違反をしていた場合、税理士会がその違反者に直接処罰することはできませんので、

税理士会から裁判所に申請されます。

裁判所での手続きには刑事訴訟法という法律が適用され、

刑事訴訟法250条2項6号には上記のような罰則を適用する場合には、時効は3年であるという規定があります。

そのため3年だと思うのです。

ただし、刑事訴訟法については若干専門外なので自信がありません・・・。

 

 

ところで、税理士が司法書士法に違反した場合、司法書士法違反ではなく税理士法違反で処罰されます。

司法書士法に違反したのに税理士として処罰されるのです。

なぜかと言いますと、税理士が誤ったことをしたら税理士側のルールで処罰するためです。

極道ものの「うちにはうちのけじめってやつがある」みたいな感じです。

では、どうしてそのようなことができるのかというと、

税理士法37条に

「税理士は、税理士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。」

という規定がありますので、これを使うのです。

司法書士会が動く前に、税理士会の方で処分を行います。

 

別に私自身が何か悪いことをしたというわけではないのですが、

こんなことを調べてしまいました。

 

↓励みになるので1クリックお願いいたします。
にほんブログ村 士業ブログへ            blogramのブログランキング