おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

昨日、うちの大先生がこんなことをつぶやいていました。

営業できる人を雇えばもう少し楽になるのかなぁ

私はこの意見に断固反対です。

なぜかといえば、営業できる人ならそもそも自分で事務所構えればいいし、

その営業の人が集客したお客様は、その営業の人を信頼しているわけで

営業の人が辞めたら、お客様は皆営業の人についていってしまう・・・

それに私も少なからず営業努力はしているつもりなのですが・・・・

大先生には認めていただけていないご様子

そう思っていろいろと他の税理士先生方のブログも拝見してみましたが、

営業と実務のどちらが重要?

という点で皆さま考えるところがあるようです。

私としては税理士たるもの営業ができて一人前と思っています。

タダ待っていてもお客様はやってきません。

なぜなら税理士のお客様に一見さんはいないのですから。

つまり、税理士事務所の看板を見て「ちょっと確定申告お願いしてみるか」ってことにはならないということです。

どんなに税務を理解し実務ができたとしても

看板出しているだけや、ホ-ムペ-ジあるだけでは仕事はやってこないのです。

もちろん、知り合いや友人からお客様をどんどん紹介してもらえる場合や

「医療法人の税務ならあの事務所だ」というように知名度があるのであれば

営業は必要ないのかもしれませんし、むしろその強みを生かすべきだと思います。

一方、営業さえできれば、税理士である必要もなくなるのではないでしょうか?

営業して受注したら、他の税理士さんに仕事はお願いし、

仲介手数料を・・・

って、それは税理士紹介会社やっていることですね。

私はこのビジネスモデルは正直嫌いです。

税務について何にも知らない人が

「うちの顧問料は他社と比較しても断然安いですよ!!」なんて営業をするのは

どこかおかしい気がしませんか?

その上、営業マンを信頼して依頼したのに、仕事は全然違う税理士がやるわけですから

それもどこかおかしな気がします。

ということは、やはり営業集客も実務知識も所長税理士になければならない能力ということになります。

また、別の角度から考えると、結局「お客様に信頼されること」が重要なのだと思います。

たとえば・・・

営業集客に長けたA税理士と実務知識の豊富なB税理士の2人が所属する税理士法人が解散した場合

お客様はどちらについていくでしょうか?

税務知識についてはちょっと不安だが、説明がわかりやすく人間味のあるA税理士か

人見知りで無口だが、税務の知識については完璧なB税理士か

その選択に一番重要なことが「信頼」なのではないかと思ったのです。

っと思ったので私も頑張ります。