おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

昨日は、税理士試験の1日目でした。

受験生の皆さんお疲れ様です。

解答速報を作成している専門学校講師の先生方もお疲れ様です。

私の妻も昨日消費税を受験してきたので、問題を少し見せて貰ったところ

とても難しかったです。

受験生を卒業して早2年ですが

再度受験して合格点をとれる自信はありません。

ところで、税理士試験の合格率ってどのくらいだかご存知でしょうか?

そして、合格する人の共通点はあるのでしょうか?

少し分析してみましょう。

合格者の情報は国税庁のホ-ムペ-ジにて公開されています。
(国税庁HPよりhttp://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/zeirishi.htm

まずは合格しやすい地域はどこでしょうか?

東京、名古屋、大阪は比較的合格率が高いように思えます。

一方、福岡の合格率が少し低いようです。

そして、北海道と沖縄は受験者数が少ないのですが、ここ3年合格率が徐々に上がっています。

この原因としては専門学校の影響が大きいと思います。

東京や名古屋、大阪であれば講師も多いので充実した講義が受けれるのですが、

北海道や沖縄では講師がいないためビデオ・DVD講義が多いそうです。

では、年齢はどうでしょうか?

結論としては、若ければ若いほど合格率が高いです。

ここ3年の情報をみても25歳以下の合格率がとても良く、

年齢が増すほど合格率は下がっていきます。

さらに学歴別では「大学在学中」というので合格率がとても高くなっています。

また、科目ごとの合格率については毎年ばらつきがあり

どの科目が合格しやすいというものはないのですが、

一科目の合格率は12~14%となっています。

つまり、税理士になるにはこの約12%に5回は入らなくてはならないわけです。

では、どんな人が一番合格しやすいのかまとめると

大学在学中で大都市で試験を受けた方が合格しやすいという結果になります。

また、男性より女性の方が合格率は高めです。

しかし、だからと言ってわざわざ遠方から大都市まできて受験するのもお勧めできませんし。

大学通いなおしても女装しても合格率が上がるとは思えません。

さらに若返ることはできないわけですから・・・・

ただし、結局は他の受験生よりどれだけ勉強したかが問われる試験ですから、

「努力した人が合格する!」というものだと私は思っています。