おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

昨日の野球の試合、負けてしまいました。

私の成績は3打数2安打2盗塁と、結果は出していますが、

随所にミスラフプレ-があり、反省する点が山積みです。

江戸川北支部の方には申し訳ありませんでした。

私の野球感としては「勝つより楽しむ」だったのですが、

やはり緊張感のある試合だと「どうしても勝ちたい」という気持ちが先行してしまいます。

もう少し落ち着いてプレイしたいものです。

また、東京税理士会第7ブロック野球大会の3試合を振り返ると

全試合3打数2安打だと思います。

つまり通算打率は0.666!!!

「江東東のイチロ-」と呼ばれる日も近い・・・・のでしょうか?

試合の後、懇親会まで2時間くらい空き時間があり何して暇をつぶそうか悩んでいたところ

先輩の税理士先生から

「うちの事務所来る?自宅兼事務所だけど」

なんて言っていただき、お言葉に甘えて事務所見学させていただきました

私自身、自宅兼事務所にお邪魔するのは初めてでしたのでとても勉強になりました。

また、懇親会では他の先輩税理士の方が

私と同時期に中小企業等支援機関の申請をしたことを知り

「なかなか申請の返事が返ってきませんねぇ」

なんて相談させていただきました。

っと、何か話がバラバラのようですが

これらすべては税理士支部に参加しているおかげなのです。

野球にしても、他の税理士の方の事務所にお邪魔できたのも

また税理士関係の悩みを相談できるのも

支部に参加していたおかげなのです。

税理士の方の中でも、支部に参加している人は5割を超えません

私も1年くらい支部の活動には顔を出させていただいているのですが、

税理士名簿に載っている江東東支部の人の半分もお会いしていないのではないでしょうか。

もちろん私も税理士登録したばかりのころは

「支部に参加したって仕事にはならない」

という考えはありました。

もちろん、その考え方を間違っているとは今も思いません。

ただ、今の私の考え方は

支部に参加することは仕事の役に立つ

というように変わりました。

こう思えることも江東東支部の先輩税理士の方々のおかげなのですが。

 

<次回予告>
・遺言をテ-マにしたマンガ