おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

今朝は焦りました。

いつも妻を見送ってから2,3分遅れて私が家を出るのですが、

いくら探しても家の鍵がない・・・

鍵がなければ家を出るわけにもいかない。

私の鍵はどこへ行ってしまったのだろうかと、昨日のことを思い出してみる。

事務所はオ-トロックで鍵は使わないで施錠

帰宅したら妻がいたので鍵を使わずに入れた。

「おやっ?昨日の帰りは鍵使っていないぞ」

おそらく事務所に鍵を忘れてしまったのだと思い

急いで妻に電話し、一度家に戻ってきてもらった。

この暑い中、妻を会社と家で往復させてしまいました・・・

ごめんなさい

鍵つながりですが、

昨日、録画してあったテレビ番組「ほこ×たて」(フジテレビ)を見ました。

今回は「絶対開かない玄関の鍵」VS「最強の鍵開け職人」でした。

一番印象に残ったのは鍵開け職人のインタビュ-で

「自信しかありません。むしろ、自信が服を着て歩いているようなものです」

そんな言葉がとても印象に残りました。

いつも挑戦者のインタビュ-は大げさな言い回しが多いのですが、

こういった言葉に少し勇気づけられている気がします。

私もいつか「税務について知らないことなんてないです」なんて言ってみたいものです。

しかし、「自信」を持つためにはそれを裏付けるだけの「努力」が必要ですね

頑張ります。