おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

いつも見ていただいている方は今日もご訪問ありがとうございます。

初めて見ていただいた方にはこれからも宜しくお願いします。

今日も当ブログの検索ワ-ドを確認したのですが

「e-tax 法人税 25年」「4月決算 法人税」という検索ワ-ドが徐々に増えつつあります。

おそらく、こちらの記事がひっかかっているのでしょう。

「4月決算法人のe-tax送信は6月17日以降で」http://blog.oshima-tax.com/?eid=187

私と同じように、申告書が送信できずに困っている方がいるのでしょうか。

平成25年4月決算の申告は来週から解禁です。

ところで、昨日テニススク-ルに行ってきました。

週2回で1時間半のレッスンを受けています。

以前、コ-チに税理士であることを話して以来、私のあだ名が「先生」になりました。

「さすが先生」

「次、先生のばんです」

テニスを教えてもらう立場の私が「先生」と呼ばれるのは何か変な感じがします。

他のスク-ル生徒さんがそれを聞いて

「先生って医者ですか?作家ですか?」

なんて聞いてくるので、どこかなぞなぞを出しているような

「生徒がいないのに先生と呼ばれる職業ってな~んだ?」

それにしても、テニススク-ルに来ている生徒さんにはいろいろな方がいます。

もちろん職業も年齢も様々ですが、目的が違うことがあります。

親に無理やり行かされているのかやる気のない子供

息抜きで体を動かすために通っている主婦のかた

婚活しに来てるのでは?と思うくらい髪形を整えて来るお兄さん

テニスを上手くなるため週2回で通い、玉拾いさえ真剣にやる私

そんな生徒を上手くなだめながら、円滑にレッスンするコ-チの方がまさに先生だと思います。