おはようございます。
江東区亀戸の登録一年目のひよっこ行政書士、大島崇史です。

皆さんは「ヒヨコ狩り」って言葉を知っているでしょうか?

ヒヨコ狩りとは、開業したばかりの士業を対象にしたセミナ-などで質の悪いものを言います。

「開業行政書士必見!!仕事がじゃんじゃん入ってくる方法教えますセミナ-」みたいなやつです。

開業したばかりの人は不安でいっぱいです。

「本当に仕事になるのだろうか」「なかなかお客さんが来なくて固定費が払えなくなりそう・・・」

そんな時、とあるFAXが届くわけです

「開業してすぐに年収1,000万にする方法セミナ-開催」

そりゃ、食いつきたくもなりますよね。

でも、そんな方法があるならば、普通の人であれば教えずに

その方法で自分だけ儲けようと思うはずです。

そして、その方法でさんざん稼いだ後、他の人に教えて儲けようとするはずです。

しかし、開業セミナ-のすべてが「ヒヨコ狩り」というわけではありません。

中には、とても良いセミナ-もあります。

良いセミナ-かヒヨコ狩りかの判断は難しいので、

まずは近場で安いセミナ-を受けることをお勧めします。

このヒヨコ狩りという言葉、行政書士には良く聞くのですが

税理士としてはあまり聞きません。

おそらく、税理士は税理士登録する際2年間の実務経験が必要であるため

完全なヒヨコが開業することがないためと考えられます。

行政書士は試験に合格できれば、すぐ登録が可能です。

ただし、行政書士試験は憲法、行政法など実務は直接役に立ちません。

そのため、実務については全くわからぬまま開業してしまうわけです。

だからといって、行政書士の登録要件に実務経験を加えるのは難しいと思います。

行政書士事務所の求人があまり多くはないので。