おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

昨日は少し難しい内容について書いたせいか、

アクセス数が凄いことになっていました。

誰かの反感をかったりしてなければ良いのですが・・・・

気を取り直して、今日は会計ソフトについてお話しましょう。

「うちは会計ソフトは使わず、すべて手書きだよ」なんて高齢の税理士先生が稀にいらっしゃいますが

近年、ほとんどの税理士がどこかの会社の会計ソフトを使っています。

当事務所は最近CMがよく流れているJDL(㈱日本デジタル研究所)のソフトを利用しています。

会計ソフトというのは、日々の入出金の記録から決算書の作成、申告書の作成ができるソフトのことをいい

JDLのほかにも、勘定奉行、弥生会計、PCA、MJS、魔法人、達人など

いろいろな会社からソフトが販売されています。

税理士がメインで使っている会計ソフトを変えるには、とても勇気がいります。

過去のデ-タを新しいソフトでも見ることができるのかなど、会計ソフト同士の互換性の問題もありますし、

ヘルプデスクの対応や税制改正によるコンバ-トなどの対応は大丈夫かなど

そう思うと、税理士の顧問契約も同じようなことが言えるのではないでしょうか

税理士を変更したらサ-ビスがどれくらい変わるかとか

質問対応のスピ-ド、税務調査の対応など

共通して、そのサ-ビスの内容が契約するまで不明確なのではないでしょうか?