おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

昨日、5月23日にとある裁判の判決が出ました。

外れ馬券は経費になるか?」という裁判です。

「馬券 経費」で検索すると事件の概要などを調べることができます。

事件の概要は、39歳の男性が2007年から3年間、計約28億7000万円の馬券を購入し、30億1000万円の払戻金を受けていたが、

これについて、確定申告を一切しておらず、所得税法違反の罪に問われた。

無申告であったことについては納税者側も認めているが、

外れ馬券が経費になるかという点で、国側と納税者側で主張が対立している。

検察側(国側)は競馬の所得は一時所得であり、当たり馬券の購入費約1億3000万円だけが経費として控除できると主張、

一方、納税者側は外れ馬券の購入費も経費であるとして3年間の経費を計約29億円と主張していた。

大坂地裁判決は、大量の馬券を自動的に繰り返し購入した場合、競馬の所得は「雑所得」に当たり、全ての外れ馬券の購入費が経費になるという初の司法判断を示した。

判決によると、男性は市販の競馬予想ソフトを改良した独自のシステムを構築。

専用口座を開いて、インターネットでほぼ全レースの馬券を自動的に購入していた。

以上が裁判の概要です。

この判決を見てどう思いますか?

「これからは外れ馬券も経費にしていいのか!」

とは、思わないで頂きたいのです。

通常、一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。

一時所得については、 総収入金額から収入を得るために支出した金額を控除し、

さらにそこから特別控除額(最高50万円)を控除した金額が所得金額となります。

また、一時所得については1/2に相当する金額が課税対象となります。

一方、雑所得とは他の9種類の所得のいずれにも当たらない所得をいいます。

雑所得については収入金額から必要経費を差し引いた金額が所得金額となります。

何が違うかというと、一時所得については特別控除や1/2しか課税されないということもありますが、

今回の判決では、控除する金額が「収入を得るために支出した金額」か「必要経費」かというところがポイントとなります。

「収入を得るために支出した金額」というと、外れ馬券の購入代金は含まれません。

一方、「必要経費」であれば、外れ馬券の購入代金に含まれます。

個人事業者の方の名刺作成費用は、もちろん必要経費になりますよね?

受注できたお客様に配った名刺代だけが経費にできるなんてことになったら大変です。

つまり、競馬による所得が一時所得になるか雑所得になるかが重要なのです。

今回の判決では、市販の競馬予想ソフトを改良した独自のシステムを構築し、

専用口座を開いて、インターネットでほぼ全レースの馬券を自動的に購入していたことなどから

競馬の所得は雑所得になるとの判決がでたのですが、

一般的に休日やG1だけ趣味で買うような場合には、一時所得であり

外れ馬券は経費にならないと考えられます。

じゃぁ、何枚以上買えば雑所得にできるんだ!?

と聞かれても困ってしまいます。

仮に、法律に「馬券は月100万円以上購入したら雑所得とする」と規定されたら、

皆さん月101万円の馬券を購入して、節税すると思いますし、

100万円も資金がないという人も、競馬ファン同士で資金を集めて

何とか月100万円以上で馬券を購入すると思います。

そんなわけで、今回はここらへんで

判決の本文を見ていないので、具体的な判断要素などについてはわかりませんが、

なにか面白い情報が出てきたらまたお話したいと思います。

次回予告
・速く歩くためには腕を振るな
・名刺は配るな
・職務上請求書の管理