おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

最近、お会いする方から

「ブログ見てます」とか

「ホ-ムペ-ジ拝見してます」とお声掛けいただきます。

嬉しいが7割、恥ずかしいが3割

やはり、「見ている人がいる」と思うと、ブログ更新も楽しくなります。

ところで、私は昭和61年生まれの27歳ですが、

まだまだ若者だと自負しております。

そんな私が、最近の若者には「ネット弁慶」が急増しているのではないかとふと思うのです。

「ネット弁慶」とは、普段は無口、小心者の人が

ネット内(メ-ル、ブログ、ツイッタ-など)では強そうに振る舞うことを言います。

私の友人でも、普段はほとんど発言しないのに

まるで別人のようなメ-ルを送る人がいます。

また、ブログでは優しそうな印象を持っていたのに

実際にはとても短気な方とお会いしたこともあります。

さらに、「ブログ拝見してます」とお伝えしたら

「実はブログの更新はスタッフ任せなんだよ」なんて税理士の先生にもお会いしたことがあります。

ネット社会といえど、逢ってみないと人柄はわからないのです。