おはようございます。
江東区亀戸の税理士・行政書士の大島崇史です。

4月も中旬、3月決算のお客様から資料が集まってきました。

そして私のデスクは資料であふれかえっています。

そんな中、行政書士の支部から事業報告の通知が来ました。

行政書士支部も4月~3月を一区切りとして、収支や予算を組んでいるようです。

なかでも気になったのは、来年の目標の中に

新入会員にもっと支部に参加して欲しい」といった項目がありました。

そのために特別な予算も組まれております。

税理士支部にはわりとよく参加しているのですが、

やはり新入会員が支部に参加するのは4人中1人くらい

つまり、3人はどんな行事にも参加しないし、1人はすべての行事に参加するといった状況。

出る人と出ない人がはっきり分かれてしまっているのです。

きっと、行政書士支部も同じような状況なのだと思います。

どうしたら新入会員や全く出てこない会員の方に

支部の活動に参加してもらえるかは、これからの課題です。

でも、支部の活動を最小限にし、会費を減らすという考え方もないわけではありません。

だって、支部活動はビジネスではありませんから・・・

「支部参加は義務じゃないし、仕事の方が忙しいから」

なんて思われている会員の気持ちもわかっているつもりです。

だから、「支部になんで参加しないの?」と呼びかけるのではなく

会員が参加したいと思えるような支部に変えていく必要があるのではないかと思います。

とある税理士のつぶやきです。