おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

昨日は東京税理士会春季野球大会に参加してきました。

試合結果はタイトル通り24対1で負けました。

ピッチャ-の調子が悪く、ストライクになかなか入らず、

センタ-を守っていたのですが、ボ-ルはほとんど飛んでこないで24失点です。

守っている時間がとても長く感じました。

さらに、攻撃も調子が悪くノ-ヒット

危うく完全試合です。

なぜ1点取れたかと言えば

運よく1番打者がファ-ボ-ルで出塁、盗塁をして2塁まで行き、

キャッチャ-がボ-ルをそらして3塁まで行き、

あとは打者が内野ゴロを打ったときに、3塁走者がホ-ムイン!!

そのためノ-ヒットで1点入ったわけです。

「野球で24点も取られることあるの?」

と思われるかもしれませんが、

高校野球でも過去1998年に122点取られている試合があるそうです。