皆さま、おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

確定申告提出期限まで、あと2日。

税務署も大混雑しております。

ところで、確定申告無料相談会をやっていてこんな質問を受けます。

「無料相談会は税務署と区役所でやっているけど、どちらに行った方がいいの?」

この質問については明確な答えはありませんが、

個人的な意見としては、年金・給与の申告の場合、区役所の方が良いでしょう。

理由としては、2つ

①国民健康保険料が調べられる

国民健康保険料や介護保険料、後期高齢者医療保険などは

所得税を計算する際、「所得控除」といって税金を減らすことができます。

しかし、これらの保険料をいくら払ったのか覚えていないことが多いですよね。

区役所での無料相談会では、これらの保険料をお調べすることができます。

②住民税の申告書の作成もできる。

年金だけの確定申告の場合、収入金額が400万円以下であれば確定申告しなくても大丈夫です。

「申告できない」のではなく、あくまで「申告しなくてもよい」ということなので、

申告して還付税額があれば申告しましょう。

ただし、所得税の確定申告はしなくても良いのですが、

その場合、住民税の申告をしなければならないことがあります。

税務署の相談会では

「所得税の確定申告はいりませんよ」

と言われるだけで、住民税については何も言われません。

区役所の相談会では、住民税の申告相談も行っていますので、

その点、区役所の相談会が良いと思います。

ただし、区役所の相談会にもデメリットがございます。

まず、前年の申告書を参照することができない点です。

相談員をやっていて、納付税額が出た場合

「昨年もこのくらいの納付でしたか?」

と確認することがあります。

そうすると、実は配偶者がいるとか扶養家族が障害を持っているとか、寡婦だとか

税金が減るような要素が出てくることがあります。

こういった情報も前年の確定申告書が参照できれば、

わざわざお客様のお手を煩わせることがないのですが

区役所の相談会ではそれができません。

できれば相談に来られる方は、前年の申告書の控えもお持ちいただければと思います。

さらに、区役所の相談会では年金・給与の申告者の方を対象としているので

事業所得や不動産所得については相談を受け付けられないことがあります。

事業所得・不動産所得さらに譲渡所得については、

早めに税理士にお願いしておいた方が良いと思います。

さて、江東区役所の確定申告無料相談会も明日が最後

最終日も頑張ります!!