おはようございます。
久しぶりに早起きした税理士、大島崇史です。

いよいよ確定申告期限まであと1週間

事務所の仕事も佳境を迎えております。

お客様について優劣をつけてはいけませんが、

やはり金額の大きい申告書の作成には気合が入ります。

一つのミスが何十万、何百万の損害を生んでしまいますからね。

また、金額の大きい申告書の作成こそ税理士の腕の見せ所です。

年金と医療費だけの申告では、何の小細工もできませんが、

事業や不動産などであれば、

税理士として知っている知識をフルに使ってどこまで税金を減らせるか

というのはとてもやりがいがある仕事です。

税理士は決して税務署の言いなりではありません。

独立し中立な立場で、

法律に反しない範囲でお客様に有利な申告書を作成する。

もちろん、納付額はなるべく少なくしたいですし、還付額はなるべく多くなるようにしたい。

そんな思いで残り1週間乗り切りたいと思います。