こんばんわ。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

本日も確定申告無料相談会に参加してまいりました。

そこで、大人気の「無料相談会で本当にあったお話し」のコ-ナ-です。

1.給与の金額が3千万円の人

見た感じ普通の奥様が相談にいらっしゃいました。

資料を拝見すると旦那様の給与の源泉徴収票が2枚、それと医療費の領収書

「よくあるパタ-ンだなぁ」なんて思いながら申告書の作成に取り掛かると、

おやっ!?金額がおかしい・・・

給与の金額が1,500万円、2枚合わせて3,000万円!!!

年の途中で入退職したため、源泉徴収票のうち片方は年末調整がされていない。

半信半疑で計算を進めていくと、納付金額が80万円!!

「うわぁ、こんな人もいらっしゃるのかぁ?」

つまり、年の途中で入退社した場合、給与がそこまで多くなければ還付になるのが普通です。

ただし、収入が多ければ多いほど高い税率がかかる所得税の仕組み上

給与が大きい場合納付になってしまうのです。

せっかく「医療費を控除したら還付になるか?」と思い相談会に来ていただいて、

長い列に並びお待ちいただいたのに

80万円の納付になります!!

なんて言う勇気はございません・・・・

計算誤りがあったら大変なので、他の税理士の先生にも確認してもらいました。

やはり80万円の納付で間違いはありませんでした。

2.おばあちゃんの相談者

相談者の方とのおしゃべりは楽しいです。

もちろんお待ちの方もいらっしゃいますので手は動かしながらですが。

会話が弾んで相談者の方のお孫さんのお話をしたのですが、

私と同い年のお孫さんがいるとのこと

「そうするとトラちゃんかなぁ?」

「そうです虎年です!!」

なんて楽しく申告書を作成させていただきました。

さらに驚いたのは、そんなお歳の方でも読み書きがしっかりできて健康だったことです。

気になって若さの秘訣を聞いてみましたが

麻雀を友達とするの。10円とか賭けて(笑)

私も歳を重ねても元気でありたいと思いました

もちろんプライベ-トに触れられたくない方もいますので深入りだけはしないようにしています。

通帳だって中身を見ないように注意しますし、

勤務会社名などもなるべく口に出さないで

「こちらの会社名を、この欄に書いてください」

と伝えるようにしています。

確定申告にはいろいろな方がいらっしゃいます。

まだまだ3月15日まで走り続けますよぉ!!