おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

確定申告を進めているのですが

平成23年12月に建物を取り壊したお客様がいらっしゃいました。

いったん更地に戻して、その土地に息子さんがマンションを建てたそうです。

「売却ではないので、これといって税理士が出る場面はないなぁ」なんて思っていたのですが

確定申告の資料を見てみると

おやおや?平成24年分の固定資産税がかかってる!

平成23年中には除却しているのに・・・

これはもしかしたら還付してもらえるんじゃ!?

さて、そんな時はどうすればよいでしょうか?

①市役所に駆け込んで文句を言う

②税務署に駆け込んで文句を言う

③建物を取り壊した業者に文句を言う

④落ち着いて滅失登記をした日を調べる

なんとなく正解がわかるかもしれませんが

正解は④です。

固定資産税は1月1日に不動産を所有している方に課税されます。

不動産を所有しているかどうかは登記で判断するので、

平成23年中に取り壊しても、滅失登記をしたのが平成24年1月1日以降であれば

平成24年分の固定資産税がかかってしまうのです。

もちろん、丸々1年分の税金がかかってしまいます。

したがって、とりあえず滅失登記がいつされたのか法務局に行って調べる。

それでもおかしい場合に①市役所に行きましょう。

このお客様も滅失登記されたのが平成24年3月になってしまっていたので

平成24年分の固定資産税がかかってしまったというわけです。

1月1日の所有者に課される税金には固定資産税以外にも

自動車税があります。

中古車ディ-ラ-が「12月中に車を売った方がお得」なんて言ってますが

あれは自動車税がかかってしまうからなのです。

ただし、除却は12月中の方が良いのですが

売却の場合、固定資産税や自動車税の未経過分を売却価格に上乗せするので

絶対に損するというわけではないのです。