おはようございます。
江東区亀戸の税理士、大島崇史です。

今、確定申告のお仕事の真っ最中です。

我が事務所では、ほとんどといっていいほど残業がありません。

ただし、確定申告の時期になると、少しでも早くお客様に確定申告の結果をお知らせするため

従業員の方に残業をお願いしています。

もちろん私自身も残業することになるのですが、ふと思ったことがあります。

残業って効率が悪くないか?

残業して23時くらいに家に着くと

もう夕飯食べて寝るだけ

翌朝、ねむい目こすって出社する。

もちろん趣味に没頭する時間もなければ、家族と話す時間もとれません。

さらに、社内が「残業・忙しい」という空気で満ちると

どこか帰りづらい雰囲気でいっぱいになってしまいます。

これが無駄な残業を生む原因になります。

そこで思ったことは

「朝早く出てくればいいじゃないか」ということ

残業するくらいだったら朝のうちに仕事をこなす。

定時になったら帰って、残った時間は趣味や家族に使う。

残業をやめて朝早く仕事する、我ながら良いアイディア

しかし、何か問題がありそうだったので

このアイディアを妻に相談してみると

それフレックスタイム制度じゃん」と突っ込まれる・・・

さらに、仕事が早めに片づいた場合は無駄な残業にならないか?という問題も

まだまだ、問題点はありそうですが

税理士事務所でフレックスタイム制度を取り入れているところはあるのでしょうか?