おはようございます。
江東区亀戸の若き行政書士、大島崇史です。

昨日、日本行政書士会連合会から「月刊日本行政」という月刊誌が送られてきました。

毎月末に送られてくるのですが、会の活動報告やトピックスなどが記載されています。

また、いつも気にしているのは処分事例です。

「他の行政書士さんがこんな悪いことをしていたので、こんな処分をしました」

というものです。

私もうっかり悪いことしてしまわないように、しっかりと処分事例をチェックしています。

たとえば、行政書士法で定められている通りの領収書を使っていないとか

「こんな業務をしました」というものを記載した業務処理簿を備えていなかったとか

こういった小さなことでも、今のうちからしっかりとやっておかないとなぁ。

ところで、毎年2月22日は「行政書士記念日」だそうです。

なんでも昭和26年2月22日に行政書士法が公布されたから

2月22日は行政書士記念日となったそう。

そんなわけで、来る2月22日の行政書士記念日に寄せて

ユキマサくんのクリアファイルが届きました。

↓いかがでしょう

ユキマサくん

左上には
「ニャンともならない時に!頼れる行政(ユキマサ)くん」と記載されています。

さらに、作りかけの事務所パンフレットを入れてみた

ユキマサくん

日本行政書士会連合会もなかなか面白いことしてくれるなぁ。

ユキマサくんが行政書士の知名度向上につながればいいな、と思います。