おはようございます。
江東区亀戸の若き税理士、大島崇史です。
昨日、ブログの更新をすっかり忘れており

申し訳ございませんでした。
本日は先週末に行われた税理士支部の新年会についてお話しましょう。

昨年末の忘年会は、支部の税理士先生方が集まり

意外とラフな忘年会だったので

新年会も同じような感じだろうと思っていたのですが、

それには大きな落とし穴が・・・・

 
新年会は支部の税理士先生以外にもお偉い人がきていました。

江東区長、税務署長、都税事務所の方

「なんか私、場違いじゃ・・・」

税理士といってもまだまだ27歳の若造は雰囲気に圧倒されてしまいました。
さらに、会の進行中に政治家の方が挨拶に来る。

「うわっ、あの人選挙のとき見た人だぁ」

初めて政治家の方が目の前で話すところを見ました。

やはり政治家は演説ができてナンボ

話し方がうまい、声のボリュ-ム調節やイントネ-ション

聞く気がなくても要点は必ず頭に叩き込まれているような感じ

「きっとスピ-チの練習とかしているんだろうなぁ」

なんて真剣に聞いてしまいました。

 

こういった税理士支部の活動の話って意外と外部に出てこないですよね

私も税理士になるまで、支部でこんなことをしているなんて思ってもいませんでした。

私も支部の活動に参加させていただく前は

「どんなことやってるんだろう?」「新米が支部の活動なんかに出てもいいのだろうか?」

なんて不安でいっぱいだったのですが

一度参加してしまえば、先生方は温かく迎え入れてくれます。
なんでこんな話をするかというと

税理士に登録しても支部の活動には出てこない方が非常に多いそうです。

まぁ、仕事にはなりませんし、参加義務もありませんから・・・

でも支部活動は税理士から集められた会費で行われているので

会費だけ払って支部に出てこないのは、払い損ですよね・・・

だから、自分が楽しめそうなイベントだけでも良いので参加してみてはいかがでしょうか。
一方、行政書士支部も支部活動がいろいろとあるようなのですが、

参加していないのが現状です。

「どんなことをいつやっているのか情報が回ってこないので参加しようがない」

とちょっと受け身な体制で待ってはいるのですが・・・

ちょっと税理士の仕事が落ち着いてから顔を出したいと思っています。