おはようございます。
江東区亀戸の社労士受験生、大島崇史です。
本日は高年齢雇用継続給付金のお話し

高年齢雇用継続給付金とは

60歳以降も働き続ける人の給料が一定金額以上減額した場合に貰える給付金です。
60歳以降の賃金は、30~60%くらい下がることがあるのですが、

そうなると働く意欲がなくなってしまいます。

「年金が支給されるまでの間、貯金を取り崩して生活すればいいや」

となってしまいます。
そこで、下がった賃金の分、給付金で補てんしましょう!というのが高年齢雇用継続給付金です。

残念ながら、自営業の方はこの給付金の対象にはなりません。
では、給付金の支給条件を見ていきましょう。

①60歳以上65歳未満の雇用保険の被保険者であること

国民年金が支給されるまでの給付金ですので65歳になったらもらえません。
②雇用保険の被保険者であった期間が5年以上ある方

60歳まで働いていたわけですからたいていの方は条件に合致すると思いますが、

会社が雇用保険に入っていないということもあるかもしれません。
③60歳時点の賃金に比べて、75%未満に低下したこと
④現在の賃金が支給限度額未満であること

支給限度額は343,396円となっています。
(この金額は毎年8月に改訂されます。)

賃金が下がっても、これだけの金額貰っていれば給付の必要がないということでしょう。

 

では、この4つの条件を満たした場合いくら支給されるのでしょうか?

支給期間:60歳に達した月(条件をすべて満たした月)から65歳に達する月まで

支給額:60歳の賃金の61%以下に低下した場合は現在の賃金の15%相当額

75%未満61%超に低下した場合には、現在の賃金にその低下率に応じた率を乗じた額

したがって、60歳のころの賃金の75%までは給付金で補てんされることになります。
とりあえず、条件に合致しそうだなと思ったら

高年齢継続雇用給付金を検討していただきたいのですが

厚生年金に加入されており、60歳から65歳の間に厚生年金の支給が始まる方は

慎重に検討する必要があります。

なぜなら、この高年齢継続雇用給付金が支給されると、

もらえる年金がカットされる可能性があるのです。

詳細をお話しすると長くなりそうですので

興味のある方は日本年金機構のHPをご覧ください。

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5058

では、良い週末を