おはようございます。
江東区亀戸の行政書士、大島崇史です。
以前から何度かお話している

日本行政書士会連合会のキャラクタ-「ユキマサくん」
実は、私のブログの検索キ-ワ-ドで上位を占めています。

つまり、ユキマサくん目当てでブログに訪れる方が非常に多いというわけです。
そんなユキマサくんですが、

実は商標登録されたそうです。
商標登録って聞いたことはあると思いますが、

一体、商標登録するとどうなるのでしょうか?
商標登録とは名称や図形、画像、ロゴなどを登録することによって

登録した商標の使用を日本国内で独占することができます。

つまり、登録された商標を他人に勝手に使わせないために行うのです。
ってことは、ユキマサくんを勝手に加工して

事務所のマスコットキャラクタ-にすることや

勝手に「ユキマサくん人形」を作って販売することもできなくなったというわけです。

 
登録された商標は「特許電子図書館」というところで検索できます。
(特許電子図書館:http://www.ipdl.inpit.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm)

「3 商標出願・登録情報」というところに入っていき

商標「ユキマサ」で検索してみると・・・

あれっ・・・

出てこない・・・

称呼「ユキマサ」で検索してみても・・・

出てこない・・・・
こうなったら、商標「行政」で検索!!

下の方に「行政君」というものを発見!!

詳細を見てみると
称呼「ギョ-セ-クン」で登録されてる・・・

商標登録申請時は「ぎょ-せ-くん」だったのでしょうか?

 

興味本位で商標検索したら、

何か見てはいけないものを見つけてしまった気分です。