おはようございます。
東京都江東区の税理士、大島崇史です。
本日、パソコンを立ち上げて

Yahooニュ-スを見ていると、こんな記事がありました。

「<所得税>最高税率45%で調整 自公、富裕層課税強化へ」

自民、公明両党の税制調査会は、13年度税制改正で所得税の最高税率(現行40%)を45%に引き上げる方向で調整に入った。消費増税の負担感が重くなる低所得者の不公平感を和らげるため、富裕層の課税を強化する。

所得税の最高税率は、昨年の自民、公明、民主の3党合意で今年度中の見直しが決まった。民主党は45%への引き上げを示したが、公明党は50%を主張。自民党は態度を明確にせず、結論は先送りされていた。

ただ、消費税率8%段階からの軽減税率導入を目指す公明党内には、9日に始める自民党との与党協議で、最高税率で譲歩する代わりに、軽減税率導入の道筋をつける案が浮上。3党合意時の取り決めにより、所得税の見直しは民主党の同意も得る必要があるため、45%を軸に検討する。

自民党は麻生政権時代、消費増税などの税制抜本改革をうたった「中期プログラム」に高所得者の所得増税の必要性を明記している。しかし、党内では高所得者だけを対象にした増税に対し「経済の活力をそぐ」などの批判的な意見もあり、与党間の協議が難航する可能性もある。
(転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130108-00000007-mai-pol)

 

現行の所得税の最高税率は40%

儲けた人ほど税率が高くなる「超過累進税率」を採用しているので

40%の税率がかかる人は「高所得者」といわれる方々というわけです。

今回の議論は、この最高税率を40%から45%に引き上げようというものです。

 
たしかに、消費税増税の負担感は、収入の少ない方の方が多いと思います。

105円の物が110円になっても高所得者の方は

「高い」なんて感じないかもしれません。
しかし、だからといって

「高所得者にも税金を払ってもらおう!!」

というのはおかしいような気がしませんか?

 
ちょっと急な予定が入りましたので

今日のところはこれだけです