江東区亀戸の若手行政書士の大島です。

行政書士登録して1週間
研修の案内がたくさん届いております。

行政書士実務研究会、行政書士実務研修センタ-など

一目見ると東京行政書士会とか公的な機関かと間違えるような名称ですが、
民間の団体です。

運営しているのは、同業の行政書士の先輩方

 

それというのも行政書士って、いきなり独立される方が多いそうです。

右も左もわからない新人行政書士の方は

こういった研修や通信講座で日々勉強するそうです。
税理士であれば、他の会計事務所で修業したりして

ノウハウを勉強してから独立するのですが

行政書士事務所での求人はなかなかないのが実情です。
そのうち、税理士業界も求人が激減し

いきなり独立する方が増えるのかもしれません。

 

また、他の業種でも同様のことが言えるかもしれません。

飲食店店長が飲食店コンサルタントに転職したり

洋服屋さんが接客コンサルタントになるなど

本業から少し違った角度に転職するなど

経済変動が激しい現代だからこそ、職業も流動的になっているのかもしれません。