江東区亀戸の税理士、大島です。

 

個人事業税の納付はお済みですか?

個人事業税は、所得税のように申告する必要はなく

都税事務所や県税事務所から、勝手に納付書が送られてくるタイプの税金です。

つまり、納付書が送られてこなかった方は納付の必要はございません。

では、納付書が送られてくる方というのは、

平成23年分の確定申告について(去年の確定申告)

不動産所得と事業所得があわせて290万円を超えている方です。

専従者給与や、青色申告特別控除がある場合には、少し変わってきますが、

原則290万円超の方には、8月上旬に納付書が送られてきます。

さて、個人事業税の税額はどのように計算されるのかといいますと、

平成23年の確定申告書に記載されている

不動産所得と事業所得の合計額から、290万円をひいて

その残りに税率をかけます。

税率は業種ごとに決まっていて

一般的な業種は5%です。
(詳しくは各都道府県のHPをご確認ください。)

つまり、計算式は

『 (不動産所得+事業所得-290万円)×5% 』

となります。

個人の税金につきましては

確定申告書を税務署に提出すると、

その情報が県税事務所や市役所に送信されるようになっています。

その情報をもとに、住民税や個人事業税が勝手に課税されるわけです。

3月に所得税を納め、6月くらいに住民税を納め、8月には個人事業税を納める。

個人の税金はこんなに多いのです。

3月に所得税を納めただけで、安心してはいけませんよ。